江陵高校について

学校コンセプト

夢に挑む


3年間の高校生活は、80年と言われる人生の中ではごくごく短いひとこまに過ぎません。しかし10代後半のこの時期は、人の一生においてもっとも輝き、とてつもなく大きな3年間でもあります。
 あなたたちはこの3年間で社会へ出るための土台を築き、夢を育て、未来へ向かってスタートを切るのです。夢があるならその夢を実現するための、夢がないのなら夢を見つけるための、たくさんのヒント、あるいは答えがここには用意されています。良き師、良き友との出逢いの中で、この空間、かけがえのない時間の中で、あなたの夢を大きく心に描いてください。わたしたちはそんなあなたを心から応援します。

学校長 若宮 栄 より

 本校は平成27年に60周年を迎え、新たに歴史を刻むべく生徒、教職員共に一層の研鑽と努力を重ね、魅力ある学校づくりに努めているところです。
 平成17年には普通科に加え、現代社会のニーズに呼応された福祉コースを設置し、多くの福祉人材を社会に輩出するまでに至りました。また、平成21年度より、福祉コースから福祉科へと改め、更なる福祉教育の充実を図ってまいります。国家試験の合格者も平成23年度初の100%を達成し、また、続く平成24年度も2年連続で全員合格を果たし、福祉社会に確実な一歩を踏み出しております。福祉を通して学校全体が人を慈しみ、思いやる心「慈悲心」を持てる、そのような人間教育の一端を担えればと願ってやみません。また本校ではこうした「心の教育」とあわせて、身体を鍛えたり、知識から知恵を学びとるカリキュラムの充実にも力を入れています。
 高校時代は人生という旅のスタート地点とも言えます。高校生活での体験から、たくさんの心の栄養を蓄えることができるでしょう。夢を見つけるため、夢に向かうための一歩を本校から踏み出していただけたらと思います。

学校環境

緑に囲まれた広い校地に三階建ての校舎と体育館、そして野球・陸上・サッカー・アイスホッケー・テニスの各グランドやコートが整備されています。 帯広や札内の市街地をはじめ、十勝川まで眺望できる高台に立地し恵まれた教育環境にあります。
 また、近隣のパークゴルフ場でパークゴルフ実習や隣接している「帯広国際カントリークラブ」で、全国でも珍しい「ゴルフ実習」を、体育授業の一環として実施しています。